屋根工事

Roof

-屋根工事-

Roof

ー屋根工事ー

屋根のリフォームで
より快適な家づくり

屋根のリフォームで、より快適な家づくり

これまでの屋根の解体・撤去し、新しい葺きに替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同様にメンテナンスや補修を行うことができます。
屋根の葺きを替えるというと、老朽化した屋根のイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様もいらっしゃいます。片山外装では、お客様の事情や好みに応じてさまざまな葺き替え工事をおこなっています。

「地震の時でも揺れが少ない」
「強風や突風でも瓦が飛散しない」
そんな屋根に興味はございませんか?

地震時の揺れの大きさを決めるのは、震度やマグニチュードだけではありません。屋根の重心の位置でも大きく左右されるのです。屋根が重いと重心がどうしても高くなってしまうため、不安定さが増します。そのため、大きく揺れてしまうのです。
 一般的な広さの家屋(100㎡、30坪の場合)で瓦屋根の重さは約6tにも達します。実に軽自動車(約800kg)7〜8台に相当する重さです。同じ広さであっても金属屋根に葺き替えた場合、重さは10分の1、約600kgまで減少します。軽自動車1台分未満になってしまうのです。重心の位置もかなり下がります。
実際の揺れでは、建物の上端になればなるほど遠心が大きくなります。重さの数倍以上の力が加わることになるのです。働く遠心力が同じであっても、軽ければ軽いほど建物に加わる力は小さくなります。つまり、軽さは耐震性に直結し、減震が期待できることになるのです。
 また、金属屋根は瓦と違い、一枚一枚を屋根に積むわけではないので、地震時に落下する危険性もありません。強風で飛ばされる心配もありません。昔は、「金属屋根だと雨音が大きくて気になる」なんてことも言われましたが、現在は消音性にも優れているので、気になりません。「夏は暑い」なんてことも言われますが、最近のものは遮熱性や断熱性にも優れております。もちろん、金属屋根以外にも軽い屋根材がございます。どうぞお気軽にご相談ください。

やっぱり瓦屋根にこだわりたい!!

多彩なデザインのお住まいが溢れる現在でも、「屋根はやっぱり瓦がいい」という方はたくさんおられます。瓦の持つ耐久性や断熱性、高級感や重厚感は大きな魅力です。お気軽にご相談ください。

おすすめ動画

毎週金・土・日の18:00に更新している「ヤマタクTV」から屋根工事に関するオススメ動画を紹介します。

屋根工事は片山外装へご相談ください!

どんなことでも丁寧にお答えします!

Contact form