コーキング工事

Caulking

-コーキング工事-

Caulking

ーコーキング工事ー

コーキング材の劣化、ひび割れなどは
建物のコンディションに直結します

コーキング材の劣化、ひび割れなどは
建物のコンディションに直結します

建物におけるコーキング工事とは、コーキング材を用いて外壁の目地やサッシ周り、外装付属品などの取り付け周り、屋根やバルコニーなどのすき間を防水する工事を言います。
従って、コーキング材が劣化したり、ひび割れ、剥がれなどは雨漏りの原因になり、建物の防水性に大きな影響を与えます。
近年、建物の洋風化に伴い、窯業系サイディング壁材の需要が高まり、施工時のコーキング材も重視しなければなりません。
外壁塗装の際は、壁面の塗り替えだけではなく、既存のコーキング材の打ち替えも、ほとんどの場合で施工する必要があります。

コーキング材の種類は様々です

コーキング材の種類は様々です

シリコン系

材料の中には防カビのものもあり、お風呂場や洗面台、キッチンの流し台などの水回りの目地・すき間などを充填するのに適しています。※シリコンの上に塗装をすることはできません。

ウレタン系

仕上げ塗料への非汚染性・付着性に優れたノンブリードタイプを使用し、コンクリート、ストレート、ACL板などの塗装仕上げを行う目的で使用されます。

変成シリコン系

シリコン系コーキング材に近い性質で、耐熱性・耐久性がよく、上に塗装することも可能です。

おすすめ動画

毎週金・土・日の18:00に更新している「ヤマタクTV」からコーキング工事に関するオススメ動画を紹介します。

現在準備中です

コーキング工事は片山外装へご相談ください!

どんなことでも丁寧にお答えします!

Contact form